学校のはなし


お店にいくとクリスマス一色~で、仕事でも子供たちとクリスマスの歌の練習しなきゃ~とか
ルシアに向けて準備しなきゃ~、あれもこれもとなんだか気持ちが焦る今日この頃です。

そんな中、昨日てつおくんの学校の3者面談に行ってきました。
パパニッセはドイツに出張中だったため、参加できませんでした。残念。

てつおくんの学校は野外活動教育(Utomhuspedagogik)に力を
入れている学校で6歳児クラス~6年生までの生徒が通っています。
一学年10名前後と少人数制で、学校全体で70名弱という本当に
小さな学校です。

1学年あたりの生徒数は少ないですが、縦割りで生徒をグループ分けして、
下の学年の子は上のお兄さんやお姉さんの姿を見て、刺激を受け、
上の学年の子は、下の学年の子の課題を手伝ってあげるみたいな
雰囲気もある学校です。

a0066586_19244182.jpg


a0066586_19245839.jpg


てつおくんのクラスルーム。日本の学校の教室とはだいぶ雰囲気が違いますよね。
この教室で、2年生と3年生が一緒に学びます。

先生とてつおがいままでした勉強の課題をひととおりじっくり見せてくれました。
てつおはあまり学校であったこと、していることをいっぱい話ししてくれないので
(いつも私が聞いて聞いてちょこっと様子が分かるというかんじ)
学校でがんばっている様子を教えていただき、安心しました。

a0066586_1927371.jpg


a0066586_19275449.jpg


6歳児クラスの子供~3年生が、毎日毎日交代で学校での出来事をつづる日記です。
先日てつおの番がまわってきました。いままでどうも日本語とスウェーデン語、どちらも
なんだか中途半端だなあと感じていましたが。ここに来て、「読み書き」力(スウェーデン語のね)が
ぐんと伸びた気がします。

楽しい学校生活を送っているようで改めて安心。がんばってね!
[PR]
by sannmis_sidor | 2011-11-19 19:30 | 日常生活

私と家族の日常生活


by sannmis_sidor