お手伝い


今週は、月曜日と木曜日(半日づつ)、隣町のリンショッピングへ
通訳のお手伝いに行ってきました。日本人会で知り合った、
スウェーデン女性に、日本から大学生が40名ほど研修旅行で来るので
その時、手伝ってほしいと頼まれて。そのスウェーデン女性というのが
すごい方で、子供の頃、お父さんの仕事の都合で日本に住んでいたそう。
日本語ペラペラなんです。彼女はリンショッピング大学で福祉学科の先生
をされています。というわけで、大阪のとある大学の社会福祉学科の生徒
さん達、40名がスウェーデンの福祉施設を見学にいらっしゃいました。

[月曜日]

リンショッピングの市立図書館でランチをした後(私もご馳走に)
その近くにある、総合老人施設を見学。認知症の老人が昼間やって来ると
いうデイサービスセンターを2ヶ所見学。その2ヶ所で通訳しました。
日本語のいい単語がとっさに出てこなくて、焦る場面も。。
そして妙に堅~い訳にだったな~と反省したり。あー、でもおもしろかった。
(例)Köksansvarig ・直訳すると「台所責任者」(堅い訳だな)
   給食当番とでも訳せばよかった。。通じるからいいんだけどね。

[木曜日]

リンショッピング中心地から20分ほど離れたところにある学童施設を見学。
ここでは、日本の学生と学童に来ている子供が交流する場面で
通訳。でも、子供達は心がとってもオープンで、言葉の壁を
乗り越えて皆さん交流を図っているようで、あまり私の出番は無かったような気がします。各教室で交流を深めた後(折り紙が大人気でした)
体育館で全生徒が集合して、日本の学生の「そうらん節」の踊りを見ました。大学のダンスサークルで普段から踊っているという「よさこい会」の
男の子達(8名)がそうらん節を披露!みんなびしっときまっていて、
かっこいい!!妙に感動し、うるうるしてしまいました。
その後、スウェーデンの子供達もちょっとした踊りを披露。
テオはどっちの国にも属しているんだな~と考えたしたら、また涙がなぜか
出そうに。。。妊娠のせい?最近涙もろい私です。オリンピック、
フィギュアスケートの日本人の演技にもうるうるしてました。。

でも、たまに日常生活とは違ったことをするのはとても刺激的。
たのしい2日間でした。日本の大学生の素直で一生懸命な姿に
感動。なによりも、一番のヒットは「そうらん節」が見られたことかも。
本当に上手だったんです。
[PR]
by sannmis_sidor | 2006-03-03 20:44 | 日常生活

私と家族の日常生活


by sannmis_sidor