ねてしまった・・


今日は一日雨でした。天気のせいか、私は午前中の時点で頭痛・・・
午前中は講義、午後はグループでのディスカッションだったのですが
頭がいたくてつらかった・・。お迎えの前に家に駆け込み鎮痛剤を飲み、
お迎えへ。その後はなんとか回復しました。よかった。

でも子供たちが寝る時間にも立ち向かうことのできない睡魔に~襲われ、
19時過ぎに子供たちと同時に沈没。。いつもテオとカイのベッドの真ん中に
おいているビーズクッションで2人が寝付くまでいるのですが、クッションの上で
変な姿勢で寝てしまった。。気づく22時でした(汗)。最後の記憶がない。
きっと私が一番最初に寝ていたにちがいない。。勉強しなくちゃなのに。
でも、まだ遅くない、3時間弱も寝てしまったことだし、これからはじめるか。

話はそれますが、テオとカイの幼稚園は日常的な数学に力を入れてます。
勤務している先生はあちこちで講演されています。私も大学の授業で2回ほど
この先生の話を聞く機会がありました。当時はまさかこの幼稚園の近くに
引っ越してくるとは思っていなかったのですが。。数学といっても「計算」できる
ことに力を入れているわけでなく、数学に必要な考えや言葉に小さな時から触れている
ことは将来数学に対する抵抗をなくすのに大事なことという考えです。

その数学テーマの一環として子供たちが自分の名前のアルファベットと同じ
数だけ「夏の思い出」を持参するという宿題(?)がありました。子供たちは
持ち寄ったものをもとに夏休みの思い出についてお話をするのです。
話をしながら、各自持ち寄ったものを比較して「重い・軽い・何個・
長い・短い・ペア・・・等」、先生そして他の子供たちと見ていくようです。

テオが持参したものは、石(ラップランドでひろった)・フィンランドのボートを
予約したときにもらったムーミンランドの地図・アイスクリームの棒

カイは石(同じくラップランドより)・同じくムーミンランドのパンフレット・
それから2歳の誕生日にもらったカードを持参しました。

今日迎えにいくと、カイが自分の夏の思い出を嬉しそうに見せてくれました。

a0066586_5502879.jpg


私の夏の思い出の1つは、父と行った「ストックホルムジャズフェスティバル」
でしょうか。とても良い天気で、ストックホルム中心地でのジャズの生演奏。
とっても楽しいイベントでした!またいきたいな。

a0066586_5505529.jpg


この写真はストックホルムのスカンセンの中にて。

カイもテオも3文字の短い名前なので、たくさんある思い出のなかから
3つのものを選ぶのは難しかったようです。
テオがひとこと、「3こしかもっていけないのか~。
長い名前の子はもっとたくさん持っていけるのに。」だって。たしかに。
[PR]
by sannmis_sidor | 2008-09-09 05:57 | 日常生活

私と家族の日常生活


by sannmis_sidor