おばけのラーバン


土曜日は、テオ・カイそしてお友達のKくんとかえるママさんと一緒に
街の映画館におでかけしてきました。見た映画は
Lilla Spöket Laban, Världens snällaste spöke
「おばけのラーバン、世界一やさしいおばけ」です。

http://www.spoketlaban.se (ラーバンのホームページです)

Yuunasuが職場でもらった映画券が使わないままずーっとあったので
このたび、使わせてもらいました。そんなYuunasuは家で大工仕事
に掃除に洗濯と大忙しだったようです。ありがとう~。

Inger & Lasse Sandbergという夫婦で絵本作家の方の作品
が映画化されたもので、44分の映画のなかに6つのかわいらしく
子供心をくすぐる素敵な作品が入っていました。大人の私も
思わず頬をゆるめてしまうような茶目っ気たっぷりのラーバン家族の
お話。本はあまりしっかり読んだことがありませんでしたが、
もとの絵本もしっかり読んでみたいな~と感じました。

映画館で映画を見たのははじめてのテオとカイ。映画館初体験にふたりとも
大満足だったようです。カイは最初の宣伝の迫力にややびびってしまった
ようで、ラーバンがはじまるまえに「かいくん、もうみたくないの・・・(涙)」なんて
言ってましたが、ラーバンがはじまってからはじーっと一生懸命見ていました。
テオは途中途中こわがりながらも(彼はたいして怖くない場面でも
効果音や音楽でびびるのです)最後まで見ることができて楽しかったようでした。
またなにか見たいね。

Inger & Lasse Sandbergの作品はほかには・・・

a0066586_759372.jpg



ちいちゃなアンナちゃんが主役のアンナちゃんシリーズや

a0066586_7595729.jpg


おやゆびくんが主役のTummenシリーズなんかもあります。
初めてこの本に出会ったとき「おやゆび?」ってびっくりしたのをよく覚えています。

おばけのラーバンシリーズ・アンナちゃんシリーズは日本語にも
訳されているようです。そういえば実家の近くの図書館でラーバンを
見かけたことがありましたっけ。
by sannmis_sidor | 2008-11-16 07:55 | 子育て